熨斗について

古来、日本では人生の節目ともなるさまざまな出来事が起こると、ともに喜んだり悲しんだりして、いろいろな形で相手を思いやります。それがご進物です。
表書きはご用途に合わせ、お申しつけくださいませ。

一般的な御挨拶

粗菓
目上の方への贈り物
寸志
目下の方への贈り物
御礼
お世話になった方への感謝の気持ちを。

季節の御挨拶

御年賀
新年のご挨拶として(元旦から松の内)まで
松の内を過ぎたら「寒中御見舞」。
御中元€
東日本は7月15日まで
西日本は8月15日まで
中元期を過ぎた場合は「暑中御見舞」
立秋を過ぎたら「残暑御見舞」
御歳暮
暮れの御挨拶として、12月初旬から12月20日まで

御祝い事の御進物

御祝
出産、節句、長寿などの一般的な御祝に
寿・壽
結婚に関するお祝いごとに。
結婚式の御祝のお返しの場合にも用いる。のしは結びきりののしに。
内祝
御祝をいただいたときのお返しに。

その他の御進物

御見舞
病気や災害の御見舞いに。
災害などは水引、熨斗なしの掛け紙になります。
快気祝
病気や災害などの御見舞をいただいた際の、回復後の返礼として。

おくやみごと

御霊前
(仏式・神式・キリスト教)ご逝去から四十九日までの弔事に用いる。
御仏前
(仏式のみ)四十九日(忌明け)後の弔事に用いる。
御供
(仏式・神式・キリスト教)弔事全般に用いる。
(仏式・神式・キリスト教)弔事のお返しに用いる。
○○回忌(年忌)
仏式の法要のお返しに
(死後1、3、7、13、17、23、27、33、37、43、47、50年と法要を行う)
○○祭
神式の祭儀のお返しに
(死後1、2、3、5、10、20、30、40、50年と祭儀を行う)